-国際減災研究協力の体制構築に向けて-

【Live配信】東北大学による東日本大震災1年後報告会

2012年3月6日

 

サイエンス・メディア・センターでは以下のイベントをインターネットライブ配信いたします。

東北大学による東日本大震災1年後報告会

主催:東北大学防災科学研究拠点

3月11日13:00以降、以下のウィンドウにてご覧になれます。

10:00から11:30までは東北大学・東日本大震災メモリアルデイ が放映されています。

 

インターネットライブ配信サービスUSTREAM 専用チャンネル

 

 

 

プログラム 

日時:2012年3月11日(日)13:00~17:00

場所:トラストシティ カンファレンス仙台(仙台トラストタワー5階)

第1部

開会の挨拶 井上 明久 東北大学総長

趣旨説明 平川 新 教授 防災科学研究拠点代表

国際協力のための共同宣言および来賓紹介

 

第2部 13:35〜14:45 

【基調講演】

五百旗頭真 復興推進委員会委員長,防衛大学校長
東日本大震災からの復興と教訓の発信 〜我が国・世界の減災に向けて〜

【招待講演】

翠川三郎 東京工業大学総合理工学研究科・教授
東日本大震災からの教訓 〜1年で明らかになったこと〜

 

黙祷   14:46 

休憩 (約15分)

第3部 15:05〜16:50 

【本学教員の報告】

災害科学国際研究所の教員からの報告 

1.福島第一原子力発電所事故による放射能汚染の影響とその対応
  石井慶造 工学研究科量子エネルギー工学専攻・教授

2.2011 年大津波による海岸堤防被災の実態とメカニズム
  真野 明 工学研究科附属災害制御研究センター・教授

3.東日本大震災に照らした我が国災害対策法制の問題点と課題(災害応急対策) 
  島田明夫 法学研究科公共政策大学院・教授

4.被災者のいのちと健康を護るために何を備えるべきか?
  −3.11.地震津波災害の教訓と提言
  上原鳴夫 医学系研究科国際保健学分野・教授

5.3.11 から学んだ医療現場の脆弱性と想定外対応能力
  清元秀泰 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 地域医療支援部門・教授

6.みちのく震録伝プロジェクトの概要と展開
  今村文彦 工学研究科附属災害制御研究センター・教授

7.海底観測による巨大地震発生機構の解明と津波早期予測の高度化
  藤本博己 理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター・教授

閉会の挨拶 16:50〜17:00

今村文彦 教授 防災科学研究拠点副代表 

 

 


 

専門家によるこの記事へのコメント

この記事に関するコメントの募集は現在行っておりません。