お知らせ

SMCに対するご支援のお願いと賛助会員入会のご案内(4/12追記)

2015年8月7日

2016年4月以降の活動について

平素より私どもサイエンス・メディア・センター(SMCJ)に対し、多大なるご支援をいただきありがとうございます。 アナウンスが遅くなりましたが、4月以降の活動についてご報告いたします。

昨年8月以降、ありがたいことに幾つかの研究機関より業務の発注という形でのご支援をいただいております。まだ完全に機能を取り戻したとは言えない状態ではございますが、当面活動を継続いたします。

以前ほど危機的な状況ではありませんが、スタッフがほぼボランティアで活動を維持しているという状態は変わっておりません。私どもの活動の趣旨にご賛同くださる方のご支援をお願い申し上げます。

2016年4月12日

一般社団法人サイエンス・メディア・センター
リサーチマネージャー
田中 幹人

2015年9月以降の活動について

私どもサイエンス・メディア・センター(SMCJ)に対し、多大なるご支援をいただき、誠にありがとうございます。また、運営につきましてご心配をおかけし、申し訳ございません。改めまして、資金調達についての現状と、今後の活動についてご報告いたします。

現在、複数の企業や研究機関よりご支援の打診をいただき、支援について具体的な交渉が進んでおります。そのため、当初は8月末をもって全活動を終了し、法人を解散することを視野に入れておりましたが、暫定的に年度末(2016年3月)まで活動を継続することといたしました。

多少の光明は見えてきたものの、決して運営資金を十分に確保できたわけではなく、依然、熱意あるスタッフのボランティアにより、辛うじて活動できている状態です。私どもの取り組みにご賛同いただけましたら、引き続き、ご支援いただけますようお願い申し上げます。

 

2015年8月7日
一般社団法人サイエンス・メディア・センター
リサーチ・マネージャー
田中幹人

SMCに対するご支援のお願い

私ども、サイエンス・メディア・センター(SMCJ)は、中立的な立場で科学技術の専門家とジャーナリストの良好な関係を構築すべく、2010年より活動を続けてまいりました。2011年の東日本大震災時には、混乱時においても積極的に専門家コメントを配信し、国内外から高い評価を受けました。その後も、「科学技術のイシュー」につながりうる情報をジャーナリスト向けに配信しつづけ、2014年度は配信数100本以上を達成するなど、海外SMCと肩を並べるレベルに至りました。

 

一方で、現在のSMCJは、持続性という大きな難題を抱えています。これまでは、主に「組織の機能構築」プロジェクトに関する公的研究資金にて運営をしてまいりました。しかし、こうした公的研究資金は、新規開発には向いていますが、継続的活動の支援は難しいという特性があります。

SMCの機能が成熟してきたために、かえって公的資金は頼みにできないという状況になっており、そこで「組織を存続するための資金調達」が重要な課題となっています。そのためのさまざまな努力はしておりますが、現状のままでは、本年8月をもってSMCJの全活動を終了しなくてはならないところまできております。

 

一般社団法人 SMCJの独立性に基づく公平・中立的な立場を担保し、実社会で機能しつづけていくために、多様なお立場の皆様からのご支援をお待ちしております。何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

一般社団法人 サイエンス・メディア・センター

リサーチ・マネージャー

田中幹人

 

SMCの今後の活動に必要な資金

 

・今年度は、公的資金や助成金による収入が未定

・SMC財務表より、昨年度(2014年度)の繰越金が1,843,417円(末尾資料参照)

・人件費(非常勤スタッフ4名)および経費・取材旅費で一か月あたり50万円のコストが発生(現在は、活動内容の縮小や旅費を切り詰めて活動中)

 

以上より、繰越金がなくなる本年8月にはSMCの全活動を終了しなくてはならない状況です。

 

今後、これまでの活動内容の継続、さらに活動内容の充実、安定的な業務運営ができるには下記の金額が必要になります。 

 

*SAP:Horizon ScanningやScience Alertに対するコメント寄稿者に相応しい専門家を紹介する科学者リスト

 

 

 

賛助会員入会のご案内

 

  SMCの運営は、その活動に賛同していただける皆さまからのご支援を随時募集しております。今後も、科学技術の専門家とジャーナリストの良好な関係を構築 するために、積極的な活動を行っていきたいと考えておりますので、何卒、本法人の事業目的にご賛同いただき賛助会員としてご入会くださいますようお願い申 し上げます。

 

団体 1口 50,000円   1口からご加入いただけます

個人 1口 10,000円   1口からご加入いただけます

 

賛助会員へのご入会には、所定の「賛助会員入会申込書」のご提出をお願いしております。会員申し込みご希望の方は、申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、 Eメール、FAXまたは郵送でお送りください。なお、申込書はWordで作成されています。申込書が開けない場合は、Eメールまたはお電話にてお問い合わせください。

 

  賛助会員申込書(団体)   |     賛助会員申込書(個人)

 

担当:菊地

電話/FAX 03-3202-2514

e-mail: smc [at] smc-japan.org

専門家によるこの記事へのコメント

この記事に関するコメントの募集は現在行っておりません。