2011318
各専門家のコメントは、その時点の情報に基づいています。
SMCで扱うトピックには、科学的な論争が継続中の問題も含まれます。
新規データの発表や議論の推移によって、専門家の意見が変化することもありえます。
記事の引用は自由ですが、末尾の注意書きもご覧下さい。

計画停電の是非と妥当性について:岩本伸一・早大教授

 

Ver.1.1 (Updated: 110317-15:04)

記事の引用・転載(二次使用)は自由ですが、末尾の注意書きもご覧下さい。

※あくまでコメント時の状況に基づいています。ご注意下さい。

 

計画停電の是非と妥当性について:岩本伸一早大教授コメント

岩本伸一教授(早稲田大学先進理工学部 電気・情報生命工学科 電力システム研究室

 

Q:計画停電しか方法はないのか?

A: これしか方法がない。1000万kWが足らないとということで、需給バランスがとれない。周波数低下問題が起きて停電する。東電の周波数は50Hzだが、周波数制御の目標値はプラス・マイナス0.2Hz、周波数が1Hz以上低下すると、リレーがその周波数低下を検知して、ある段階から負荷遮断が行われる、すわわち停電が非計画的に発生する。この様にならないように、電力会社が、事前周知して計画的に停電させるしかない。

 

Q:昔も電力の供給力不足の問題があったが、適当に需要を減らして対応できた時もあったと思うが?

A: 今回は、足らない発電量が大幅に違う。1000万kWというのは、例えば100万kWの原子力機が10台喪失しているといるのに等しい。需給調整契約や工場の操業停止依頼だけでは、全然十分でない。

 

Q: このような状態がいつまで続くのか?

A: 休止している火力(発電所)を立ち上げ、運転に入れるまで続くと思う。それが、東電が発表した4月末ころまで計画停電が続くということではないかと思う。通常の停止から起動というのでなく、地震による損傷の影響を調べてからの再起動となるので、通常の場合よりかなり時間がかかると思う。ちなみに、東電の火力は設備容量で約60%。

 

Q: われわれに何かできないか?

A: ちょっと考えると、身近にできる事といえば、寒くなっても、エアコンを使わないようにすること。私は、60歳を超えているが、子供の頃はエアコンがなかったので、どの家庭でも10アンペア契約だった。しかし、今は、各家庭、3-4台のエアコンを持っていて、40-50アンペア契約になっている。皆がエアコンを止めれば、かなりの需要が減ると思う。

(カッコ内注記はSMCによる)

 

【ノート】

・ SMCからの「サイエンス・アラート」は、科学技術の関わる社会問題に関し、専門家の知見を素早く伝えることを目的にしています。

 マスメディア、ウェブを問わず、科学の問題を社会で議論するために継続してメディアを利用して活動されているジャーナリストの方、ぜひご利用下さい。

・ サイエンス・メディア・センターでは、このような情報をメールで直接お送りいたします。ご希望の方は、下記リンクからご登録ください。

(登録は手動のため、反映に時間がかかります。また、上記下線条件に鑑み、広義の「ジャーナリスト」と考えられない方は、登録をお断りすることもありますが御了承下さい。ただし、今回の緊急時に際しては、このようにサイトでも全ての情報を公開していきますので御安心下さい)

  【メディア関係者データベースへの登録】 http://smc-japan.org/?page_id=588 
 

【記事について】

○ 私的/商業利用を問わず、記事の引用・転載(二次利用)は自由です。

○ 二次利用の際にクレジットを入れて頂ける場合(任意)は、下記のいずれかの形式でお願いします:

・一般社団法人サイエンス・メディア・センター ・(社)SMC

・(社)サイエンス・メディア・センター ・SMC-Japan.org

○ リンクを貼って頂ける場合は http://www.smc-japan.org にお願いします。

【お問い合わせ先】

○この記事についての問い合わせは下記まで:

  一般社団法人 サイエンス・メディア・センター(日本)

  Tel/Fax: 03-3202-2514

  E-mail: inquiry[at]smc-japan.org

 

 

 

記事のご利用にあたって

マスメディア、ウェブを問わず、科学の問題を社会で議論するために継続して
メディアを利用して活動されているジャーナリストの方、本情報をぜひご利用下さい。
「サイエンス・アラート」「ホット・トピック」のコンセプトに関してはコチラをご覧下さい。

記事の更新や各種SMCからのお知らせをメール配信しています。

サイエンス・メディア・センターでは、このような情報をメールで直接お送りいたします。ご希望の方は、下記リンクからご登録ください。(登録は手動のため、反映に時間がかかります。また、上記下線条件に鑑み、広義の「ジャーナリスト」と考えられない方は、登録をお断りすることもありますが御了承下さい。ただし、今回の緊急時に際しては、このようにサイトでも全ての情報を公開していきます)【メディア関係者データベースへの登録】 http://smc-japan.org/?page_id=588

記事について

○ 私的/商業利用を問わず、記事の引用(二次利用)は自由です。ただし「ジャーナリストが社会に論を問うための情報ソース」であることを尊重してください(アフィリエイト目的の、記事丸ごとの転載などはお控え下さい)。

○ 二次利用の際にクレジットを入れて頂ける場合(任意)は、下記のいずれかの形式でお願いします:
・一般社団法人サイエンス・メディア・センター ・(社)サイエンス・メディア・センター
・(社)SMC  ・SMC-Japan.org

○ この情報は適宜訂正・更新を行います。ウェブで情報を掲載・利用する場合は、読者が最新情報を確認できるようにリンクをお願いします。

お問い合わせ先

○この記事についての問い合わせは「御意見・お問い合わせ」のフォーム、あるいは下記連絡先からお寄せ下さい:
一般社団法人 サイエンス・メディア・センター(日本) Tel/Fax: 03-3202-2514

  • tanaka

    皆様、多くのコメントありがとうございます。
    このコメント欄に頂いた内容は、SMCでは直接回答は致しませんが、メディア関係者、及び執筆者等にお伝えして参りました。
    しかし、状況は次々に変化しております。最初に頂きました専門家のコメントも、その後の変化をフォローしきれていないこともあり、また全ての専門家が記事を適宜更新できるとは限りません。
    協議の末、今後は基本的に「新規記事に関しては、更新後1週間はコメント欄を開いておき、その間に頂いた質問は適宜コメント者にも告知(回答できる時間があれば追記)、ただし一週間の後は閉鎖する」という形式を採ることにさせていただきます。
    何とぞ御容赦下さい。
    なお、引き続き質問等がある場合、ページ上の「ご意見・お問い合わせ」からも投稿可能です。
    こちらも全てスタッフが目を通して、参考にさせて頂いておりますので、ご利用下さい。
    (社)サイエンス・メディア・センター