2011313
各専門家のコメントは、その時点の情報に基づいています。
SMCで扱うトピックには、科学的な論争が継続中の問題も含まれます。
新規データの発表や議論の推移によって、専門家の意見が変化することもありえます。
記事の引用は自由ですが、末尾の注意書きもご覧下さい。

原発に関するQ&Aまとめ [3/14-17:38更新]

[English]   [Español]

[Updated 2011/3/14 17:38-JST]

 

※新しいバージョンが3/15に公開されています。

 

記事のご利用にあたって

マスメディア、ウェブを問わず、科学の問題を社会で議論するために継続して
メディアを利用して活動されているジャーナリストの方、本情報をぜひご利用下さい。
「サイエンス・アラート」「ホット・トピック」のコンセプトに関してはコチラをご覧下さい。

記事の更新や各種SMCからのお知らせをメール配信しています。

サイエンス・メディア・センターでは、このような情報をメールで直接お送りいたします。ご希望の方は、下記リンクからご登録ください。(登録は手動のため、反映に時間がかかります。また、上記下線条件に鑑み、広義の「ジャーナリスト」と考えられない方は、登録をお断りすることもありますが御了承下さい。ただし、今回の緊急時に際しては、このようにサイトでも全ての情報を公開していきます)【メディア関係者データベースへの登録】 http://smc-japan.org/?page_id=588

記事について

○ 私的/商業利用を問わず、記事の引用(二次利用)は自由です。ただし「ジャーナリストが社会に論を問うための情報ソース」であることを尊重してください(アフィリエイト目的の、記事丸ごとの転載などはお控え下さい)。

○ 二次利用の際にクレジットを入れて頂ける場合(任意)は、下記のいずれかの形式でお願いします:
・一般社団法人サイエンス・メディア・センター ・(社)サイエンス・メディア・センター
・(社)SMC  ・SMC-Japan.org

○ この情報は適宜訂正・更新を行います。ウェブで情報を掲載・利用する場合は、読者が最新情報を確認できるようにリンクをお願いします。

お問い合わせ先

○この記事についての問い合わせは「御意見・お問い合わせ」のフォーム、あるいは下記連絡先からお寄せ下さい:
一般社団法人 サイエンス・メディア・センター(日本) Tel/Fax: 03-3202-2514

  • Pingback: 原子力発電所に関するサイトとソースまとめ | TREZINE(トレジン) – トレンドマガジン()

  • rumbapapa

    国や県の許認可事業であるならば、私たち医療機器メーカーも同じです。でも、別に事故が起きたって何もしてくれるわけではありません。PL法だって原発だけが除外されているって知っていましたか。

  • Pingback: インターネット通販で購入できる放射線計測器「ガイガーカウンター」まとめ | トレンド マガジン – トレジン()

  • ponta

    原子力発電は 東電だけの民間事業ではなく、国、自治体の許認可事業でかつ、
    保安責任も東電1社で負う性格のものではありませんし、今回の震災によるものは
    原子力事業法でも東電だけの責任ではなく国と自治体と共同で責任を負うものなので、
    飲食店のケースやJALのケースと同じではないのに、引っ張り出すところは話になりませんな。

  • haruna

    被曝の安全性についての比較をX線検査、CT及びMRI検査時を比較対象に出されますが、検査は患者にとって必要だから受診する訳です。必要もない検査を誰も受けません。まして、上記検査回数を病院では制限しています。毎日検査した場合との比較で答えなければ意味をなしません。東京電力の1民間企業の問題なのに国や自治体がお詫びやその対策で批判を受けることはお門違いです。
    飲食店で食中毒を出したら、提供者の責任です。料理人の資格を与えた人の責任ではありません。公共性は大きいが責任は当事者にあります。
    JALの事故例も一緒です。

    • Kenny

      X線検査、CT,は共にX線を使いますので、放射線被爆量がどの程度かを、一般の方に分かりやすく説明するうえでは、必要な事です。
      MRI検査は、放射線を遣いませんので(核磁気共鳴の原理です)、被爆する事は一切ありませんし、ニュースの解説で、MRIは、一度も引き合いには、出てきておりません。
      ヨウ素131の件も、正しい知識をもてば、ペットボトルが、売り切れてしまうといった事は、起り得ません。
      放射線医学総合研究所のホームページには、詳しく解説されています。